体や肌に良い健康食

食事

栄養も多く含みヘルシー

玄米は体に良いと聞いたことがある方も多いと思いますが、それは栄養が含まれている胚芽や表皮が残されている状態だからです。これらを精米すると普段食べている白米になりますが、白米の部分(胚乳)はでんぷんが主成分となり栄養価が少なくなってしまいます。玄米に含まれる健康成分は美肌・老化防止・ダイエットにも効果があり、栄養が不足しがちな現代人にとっては嬉しいスーパーフードです。胚芽(玄米から芽を出す部分)には栄養成分がつまっており、ビタミン・ミネラル・タンパク質などが豊富です。ビタミンB1は糖や脂肪の代謝を促しダイエットに効果的で、ビタミンB2やビタミンEは老化防止に役立ちます。タンパク質は筋肉に効果的で細胞を活性化させ、ターンオーバーによる美肌効果も期待できます。表皮(表面の茶色い皮)にはビタミン・ミネラルだけでなく食物繊維やIP6(フィチン酸)が多く含まれていて、精米するとこの部分が糠になります。食物繊維は便通が良くなり老廃物を外へ放出してくれる働きがあるため、肌だけでなく体の内側から綺麗にしてくれる女性には嬉しい栄養素です。IP6には抗酸化作用がありガン細胞の発生や細胞の酸化を防いでくれ、血栓予防にもなる頼もしい栄養素になっています。白米よりも少し固い玄米ですが、炊飯する前に半日から1日水につけておいたり、白米と玄米を一緒に炊いたりすると美味しくいただけます。またよく噛んで食べることにより早食いを防ぎ、少しの量でも満腹感が得られるためダイエットにも繋がります。