食事

体や肌に良い健康食

玄米は精米すると普段食べている白米になりますが、多くの栄養素や健康成分が失われてしまいます。芽が出る部分の胚芽や表面の茶色い表皮にはビタミン・ミネラル・タンパク質・食物繊維・IP6など多くの栄養が含まれていて、美肌効果やダイエットだけでなく老化防止にも効果的です。

詳しく見る

食器

ライフスタイルに合わせて

玄米は炊き方が難しい、硬いという特徴がありますが、最近は誰もが気軽に炊ける炊飯器をはじめ、パックご飯などの便利なタイプも登場しています。ご自身やご家族のライフスタイルやニーズに合わせて、食べやすく便利なものを選びましょう。

詳しく見る

お米

どういった魅力があるのか

玄米はビタミンやミネラル、食物繊維など白米にはない栄養を摂取することが出来ます。玄米は体に良いものですが、小さな子供や消化器官の弱い人には負担をかける食べ物です。なので白米などと上手に組み合わせてしっかりと噛んで食べることでそのメリットを最大限に生かすことが出来ます。

詳しく見る

食事

栄養満点の健康食品

玄米は栄養たっぷりでとてもヘルシーな食材です。毎日の食生活が健康と美容に重要だとわかっていても、なかなか実践が難しいという場合はまずお米を玄米に変えてみることがおすすめです。白米より少し値段は高くなりますが、それだけの価値が十分にあります。

詳しく見る

食事

食べるだけで健康を維持

玄米は白米よりも栄養価が高く、健康的でダイエットにもう効果的といわれている食材です。しかし少々硬めな食材であり、摂取するときはよく噛んで食べないと消化に悪くなることがあるため十分に注意が必要となります。

詳しく見る

若返りと脱ストレスのお米

お米

もみ殻に含まれる栄養素

もみ殻を除去してない状態のお米を玄米、除去したお米を白米という。玄米には白米に比べてビタミンB1とビタミンEが豊富に含まれている。ビタミンB1は糖質を効率よくエネルギーに変えるビタミンで糖質を脂肪として体に溜め込むことを防いでくれる作用がある。そしてこのビタミンB1が不足すると疲れやすかったりイライラしやすかったりする。ビタミンEは若返りのビタミンと言われていて、老化の原因となる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、老化のスピードを遅らせてくれる。また、生理痛や生理不順も整えてくれる作用が期待できる。血行促進の作用もあり冷え性や肩こり、むくみ解消にもつながる栄養素と言われている。ほかにも、玄米には鉄や亜鉛、食物繊維など女性が摂取したい栄養素がとにかく豊富に含まれいている。さらに注目したいのは玄米を少し発芽させた発芽玄米。発芽をさせることで眠っていた酵素が活性化され栄養価がさらに高まる。中でも注目したいのが抑制性の神経伝達物質として働くGABAというアミノ酸。発芽玄米にはこのGABAが特に多く含まれ精神を落ち着かせリラックス効果が期待できる。ストレス社会と言われる現代では健康や美容を保つのにこの成分がとても重要な栄養素である。実は玄米は白米と比べてカロリーはほとんど変わらないが、そのような栄養素がたくさん含まれているため、血糖値の上昇も緩やかで白米よりも玄米のほうが血糖値の上昇が緩やかで、つまり太りにくくなっている。カロリーが白米と変わらない分、栄養のバランスも偏らずに摂取できる。